「移籍」の男たち。VOL.01

「移籍」の男たち。VOL.01

今、AIR GROUPが注目する新世代「移籍」の男たち。
若手成長率の高いAIR GROUPで、他店から移籍し、早くも活躍を始める2人の”変化”と”成長”に迫るー。

01.寶井 レオ【ART】

入店10カ月 最高売上135万ー決め手は〝自分らしく働ける″こと。顔をもっと出していきたい。ー

AIR GROUPに移籍した理由は?

最初は面接行ってみようかな~くらいの軽い気持ちだったんですけど、ARTに行って、皆のやる気とレベルの高さに刺激を受けました。それにスタッフの仲が良くて、自分を出しやすいところがいいなと思いました。

ARTのオープンから在籍していますが、どんなお店ですか?

お店の雰囲気は、入る前からのイメージ通りでした。入店したばかりの子も遠慮しないでのびのび接客ができるから、やりやすいですね。有名店だしメディア力があって、客層も前の店とは違うかなって思います。初回の数も多いし、質の高いお客様ばかりです。

今年の目標は?

No.1は欲しいですね。店舗も、グループもいきたいなぁ。AIR GROUPは有名だし、その中で売れれば知名度がついてくると思うので。もっと有名になれるように、顔をどんどん出していきたいです。


 

02.遥磨【AIR】

入店6カ月 最高売上250万ー〝求められる″ことが成長の証。ホストとしての意識が変わった。ー

AIRはどんなお店ですか?

先輩が下の子を見る環境がすごくしっかりしてるなと思います。ホスト経験の長い先輩が多くて、質問したことに対して何通りもの答えが返ってくるから、いろんなやり方を学べるし、自分が伸びる場所だなっていうのを感じますね。

AIRに入って、自分の成長を感じますか?

下の子から慕われるようになって、ヘルプでも呼んでもらえるようになって……少しは求められる存在になってきたのかなって思います。あと、ホストとして自分のいけるところまで行こうっていう精神が身に付いてきました。

今後どんな活躍をしていきたいですか?

一番リアルな目標は、役職ですね。年齢が近くて話しやすい先輩が1人いれば、下の子も遠慮せずに質問できるし、成長に繋がるので。まずは自分がそういう中継というか、幹部との間のワンクッションになりたいなと思います。

AIR GROUP公式求人

移籍の男たちカテゴリの最新記事