Vol.37 ALL WHITE 蹴斗『〝言葉〟の重み。』

Vol.37 ALL WHITE 蹴斗『〝言葉〟の重み。』

仙台から歌舞伎町へ移籍して約2年、トップホストが多数在籍するALL WHITEでナンバー常連の活躍を魅せる蹴斗。2019年2月に自身初の売上1100万を達成。その結果の裏にある先輩からの〝言葉〟とは。

蹴斗さんが売上1100万を達成されたのはいつですか?

蹴斗:2019年の2月ですね。バースデーイベントの月に達成しました。

最初から狙っていましたか?

蹴斗:というか、絶対に1000万達成しろと言われてました(笑)。チームミーティングのときに「お前ならいけるだろ!」と。正直、マジか…って思いましたね(笑)。でもそう言われたからこそ、自分の中でも1000万を目指す理由が生まれて、本気で達成しようと思えたんですよね。

1000万を達成するために必要なことは何だと思いますか?

蹴斗:僕は先輩たちから教わったことを実行していただけなので偉そうなことは言えませんけど、きちんと計画を立てることは大事だと思います。曖昧に「1000万いけたらいいな」ではなく、しっかり現状を分析して、その上で今の自分に必要なことをするみたいな。僕だけでなく、実績を残している先輩は皆やっていると思います。

1000万という数字は今のホストにとってどのような意味があると思いますか?

蹴斗:今の時代、ホストとしてのスタートラインになったと思います。僕自身、達成感はありましたけど満足感はなかったです。まだ一度しか達成できていないし、もっと上を目指したいという気持ちがより強くなりましたね。それに先輩からも「満足するなよ」と釘を刺されました(笑)。

先輩からの影響というのは大きいですか?

蹴斗:そうですね。僕は以前仙台でホストをやっていたんですけど、このお店に来てまず先輩の真似をするというのを意識的にやってきました。歌舞伎町とはホストのあり方も違うところがあるし、その方が売れるのが早いと思ったので。そこからバランスを見ながら少しずつ自分のスタイルに取り入れていくっていう形ですね。あとは、自分のやり方に違和感を感じたときも先輩を参考にして変えてみたり、常に柔軟でいようとは思っています。

それがここまでの結果を残した秘訣なんでしょうか?

蹴斗:どうですかね(笑)。ただ、このお店の先輩たちはすごい記録を持ったトップホストばかりなので、そこから発せられる言葉には重みがあるなと感じています。入ったばかりの頃はよく営業後に怒られてましたけど(笑)、その言葉の一つひとつに僕のことを思って言ってくれているんだというのが伝わってきて、本当にありがたかったです。

初めから周りの意見を取り入れていこうと思っていたんですか?

蹴斗:最初からですね。元々我の強いタイプではなかったので、己の道を行くというよりも、むしろ周りから色々言ってもらえる方が嬉しいです。

先輩たちからのアドバイスを取り入れて結果に繋げているんですね。

蹴斗:色々と面倒を見てもらっているので、やらない訳にはいきませんよ(笑)。だから1100万という結果も、自分のためというよりは今まで自分のためにいろいろアドバイスを送ってくれた先輩たちに見せたくて頑張ったという感じでしたね。

今やナンバー常連となった蹴斗さんですが、後輩にはどんなアドバイスを送っているんでしょうか?

蹴斗:僕が先輩から教わったように、継続が大切だと伝えています。目の前の一瞬も大事ですが、それと同じくらい次の月、さらにその次の月のことも考える必要があると。一つの結果に満足せずにどんどん目標を高くしていくことで、結果を出し続けることができると思います。

最後に、蹴斗さんの今後の目標は?

蹴斗:さっきも言った通り、2月に1100万を越えて、さらにその上を目指したいという欲が出てきました。なので今年中に1500万を越えたいですね。そこがクリアできたら、より高い目標が見えてくると思います。


 

 

SHUTO
ALL WHITE

AIR GROUP公式求人

1000万の男カテゴリの最新記事