Vol.52 AUB 椎名 旭『高い“目標”。』

Vol.52 AUB 椎名 旭『高い“目標”。』

数々の名プレイヤーを輩出してきた「AUB」からまた一人、スタープレイヤーが誕生した。未経験からいきなり売上2100万を達成し、その後もハイアベレージな売上を継続している椎名 旭。規格外の実績を残し続けている裏には、仕事へのストイックな姿勢と、同じ店で働く弟の存在があった。猛スピードで成長する彼の「今」に迫った。

旭さんが最初に1000万を達成されたのはいつ頃でしょうか?
旭:2020年の3月ですね。初の1000万を飛び越えて、いきなり2100万を達成しました。

いきなり凄いですね!どういったタイミングだったんでしょうか?
旭:兄弟バトルイベントというのがあったんです。同じお店に弟の夏輝が働いているんですけど、ガチの一対一の売上対決という内容でした。そこで勝つために事前にしっかり準備した結果、ですね。以前から1000万の壁で長い間停滞していて、いつか超えたいと考えていたそんな時にこのイベントの話があって、丁度いい機会だなと。夏輝と「一緒に1000万売ろうぜ」なんて話していたら、一気に2000万も超えてしまいました(笑)。

ホストを初めてまだ1年半でありながらその結果とは、成長が早すぎますね!
旭:何もわからない未経験から初めて、気がついたら主任になっていました(笑)。

2100万を売ることができたきっかけはあるんですか?
旭:目の前の売上に対して妥協せず全力でいこう、と考えを変えたことが結果に繋がりましたね。それまでは次月に向けて貯めておこうとか、どこか目の前に集中できていない感じがあって。でも、どこまで行けるか分からないけど、とにかく走ってみようという思いで実践したところ結果がついてきました。

具体的にはどういった点を変えたんですか?
旭:お客様への連絡や接客中などの細かいところを、とにかく丁寧にするようにしました。あとはホストクラブは座るだけでもお金のかかる場所なので、しっかりとお客様を楽しませよう、ということも意識しましたね。

凄まじいスピードで成長されていますが、その理由はなんでしょうか?
旭:やはり同じ店に弟がいるのが大きいですね。僕は兄として負けたくないし、負けられないんですよね。一種のライバルって感じですね。

なるほど。旭さんは売上だけでなく、指名本数も意識されていますよね。
旭:もちろんです。売上だけのホストはたくさんいますが、売上と指名の両方となると一気に数は減ると思います。その分、価値が生まれるのかなと。それに指名本数が多いホストは信用度も高いと思うので、そこは強く意識しています。売上は後からついてくるのかなと。まぁ、まだ100本を超えたことがないので、偉そうなことは言えないんですけどね(笑)。

100本達成も時間の問題だと思います! お店からの期待も集まっていますね。
旭:今、主任という立場で仕事をしているので、スタッフ全員の売上に貢献したいと思っています。もちろん、自分の売上もしっかりと伸ばした上で、ですね。来年はドリームナイトでARTに勝ちたいですね。新生AUB一丸となってドリームナイトを制覇したいです。

スケールが大きいですね!
旭:ある程度、目標を高く持っていないと甘えてしまうと思うので。目標は高いくらいが丁度いいんですよ。


SHIINA ASAHI
AUB 支配人

AIR GROUP公式求人

1000万の男カテゴリの最新記事