Vol.78 CRYSTAL 鳳城 翼『1000万は“愛された”数字。』

Vol.78 CRYSTAL 鳳城 翼『1000万は“愛された”数字。』

今、勢いのあるCRYSTALに新たな1000万プレイヤーが誕生した。なかなかナンバーを維持できずに苦戦しつつも決して折れることなく、常に感謝の気持ちを忘れずにお客様に向き合い続け、ついに念願を叶えた翼にとって1000万と言う数字には特別な意味が込められていた。

現在ホストを始めて、どれぐらい経ちますか?
翼:約6年目ぐらいです。元々大阪のミナミでホストをやっていて、そこから2年後に歌舞伎町に来ました。

CRYSTALに入店してどれぐらいですか?
翼:オープンしたのが2020年の7月か8月ぐらいだと思うんで、もうすぐで2年経ちます。

最初に1000万を達成されたのはいつでしょうか?
翼:2022年の4月です。CPの昇格祭がありそこで達成しました。

1000万を達成したときの感想を教えてください。
翼:CRYSTALに入店して初めてNo.1を取ったのが今年の1月で、それまでずっとNo.1というものを自分が取れるとは思っていなかったんです。それでやっとV3を達成して、1000万を突破したときはすごく嬉しかったですね。入店した当初からずっと神咲龍我社長が僕のことを手塩にかけてすごく大事にしてもらって面倒見てくれてたんですけど、オープンしてから今年の1月までの間ずっとナンバーを維持できなくて、そんな中で1000万達成できたときはいろいろ感極まって涙あり感動ありの、自分にとってホスト人生の中で一番記憶になる月になりました。

昇格祭のあった月は1000万を売り上げようと狙ってはいたんですか?
翼:正直狙ってはなかったですね。1000万円いけたらいいなという漠然とした考えはあったんですけど、この月に1000万あげようってよりかは目標を決めずに毎月全力で自分がどれだけいけるかっていうところを大事にしていたんで、1月・2月・3月とV3取れて1000万を達成したときは、これだけお客様から愛されるホストになれたんだなって思えました。

達成のために何か努力したことってありますか?
翼:自分が努力してこの1000万という数字を上げたとは思っていなくて、僕が龍我さんにいろいろと良くしてもらったように、人に対しての恩だったり誠意をもってちゃんと向き合うっていうところを大事にするようにしてきました。自分が相手のことを知りたいって思わない限りその人が自分に好意を向けてくれるとは思わないのでそこは大事にして、相手のいいところをたくさん探そうって言うマインドで接していたら自然と結果に結びついたのかなと思います。

1000万の達成は大変でしたか?
翼:大変ではなかったですね。1000万を達成した月も初めてNo.1を取った瞬間もそうなんですけど、どの月も自分にとってすごく新鮮で、ホスト業界に飛び込んできて初めてこの仕事の深いところまで知れたのがすごく楽しかったんです。そんな中で1000万を突破したときは、あ、1000万突破できたんだ!って感じだったんですよね。大変ってよりも今これぐらいお客様に愛されるホストになれたんだなっていう感情の方が強くて、1000万を売るためにに努力したというよりかは楽しんで接客をしていたら自然に結果がついてきてくれました。

達成して、周りの人から言われたことはありますか?
翼:自分で言うのもおこがましいかもしれないですけど、憧れてますって言われるようになったのは嬉しいかったです。ホストというのは女性を接客するお仕事で、そんな中でも男性から好かれるっていうのは僕の中で一番大事にしてるポイントで、同性から好かれない人って絶対に異性にも好かれないと思んです。1000万を達成して、お客様やキャストから憧れの存在ですって言ってもらえたのはすごく嬉しかったですね。

お客様から言われたことはありますか?
翼:僕に出会ってから日常生活の中で花がある生活ができるようになったと言われたのはすごく印象に残っています。こんな僕でもお客様に対して何かしら与えられたのかなって思えました。あと、CRYSTALがオープンしてからずっと来ていただいていて僕の成長をずっと見届けてくれているお客様に、ヘルプで挨拶に行ったときに号泣しながら良かったねって言ってもらえたのはすごく嬉しかったです。

ご自身の中で変わったことありますか?
翼:1000万を達成したから変わったというよりかは、人に対する向き合い方が変わりました。達成する中でいろんなお客様と関わりを持って、たくさんの時間を共有して、その中で自分が変わったなと思うのは、お客様からお金をいただいてる立場なのでどうしてもお金を挟んでしまうと人間関係でうまいバランスが取れない部分が出て来ると思うんですが、そんな中でも人対人でちゃんと向き合えたんじゃないかなと思います。あとは自分の中でのモチベーションも変わりました。1000万っていう記録は、CRYSTALの中では神咲龍我社長と僕しか達成していないので、CRYSTALの顔としての立ち振る舞いだったりとかは変わってきたかなと思います。

翼さんにとって1000万というのはどのような意味がありますか?
翼:自分の中での1000万っていうのは、ホスト側だけの意見で見れば、箔がつくとか、かっこいい数字だとかいろいろな考え方はあるんでしょうけど、僕にとっての1000万っていうのは、お客様から愛された数であり、数字でもあるのかなと思います。1000万って言葉には簡単に出せるものなんですけど、やっぱ金額的に言えば普通では考えられない数字なんで、この記録を見たときに自分はこれだけお客様から愛してもらえたんだなと感じました。

お店ではどんな立ち位置でいたいですか?
翼:これはずっと変わらないんですけど、お店では絶対にみんなと対等でいたいんです。先輩後輩関係なく、友達でもあり職場の上司でもあり、例えるならば神咲龍我社長みたいな感じでいたくて。龍我社長って自分の仕事がある中でもすごくキャストのことを気にかけてくれて、時には厳しく叱ってくれたり、時には友達みたいにスノボに連れて行ってくれるんです。なので僕もそういう人から好かれる人徳がある人間になりたいです。

最後に今後の目標を教えてください。
翼:CRYSTALをグループNo.1にします!今のクリスタルなら絶対に行けます。個人の目標で言ったら、神咲龍我社長のグループ歴代売上記録をいまだ突破されてないんで、8000万円以上は絶対に超えたいなって。龍我さんは僕のお父さんなんで、感謝の気持ちで絶対に超えてみせます(笑)!


TSUBASA HOJO
CRYSTAL 幹部補佐

AIR GROUP公式求人

1000万の男カテゴリの最新記事